show log include yunabe

勉強したことの復習を兼ねて、IT関係についてまとめてます。たまに趣味のことも書きたい。

vSRX(Firefly)触ってみたときのメモ

概要

久しぶりルータ触りたいと思ったのですが、家のCisco 841Mばかり弄ってるとたまにJuniperとか弄りたいなーっと思い、vSRXを体験で落としてみました。ConfigがCiscoから入った自分の所感はXRと似ているなーって感じですが、IOSから入った自分はまだ慣れません。。。
とりあえず初期設定までして、適当にルーティングさせて見ようと思います。

続きを読む

SSHのConfigについて

概要

踏み台を使ってサーバにアクセスする際、毎回ログインするのは非常に面倒です。SSHのConfigに以下のように記述をすることでコマンド1つでポートフォワードがすることができます。  

続きを読む

nginx の 413 Request Entity Too Large の対処

概要

運用しているwikiサーバにおいてファイルをアップロードしたところ、413のエラーコードが表示されたのでその対応についてを記載します。

続きを読む

adb導入からAmazon KindleアプリをSDカードへ移行【Xperia Z3 Tablet Compact LTE 16GB】

概要

普段使っているタブレットであるXperia Z3 Tablet Compactの容量は16GBしかありません。
そのためKindleで本をダウンロードしているとあっという間に容量がいっぱいになってしまいます。
そんなとき、SDカードにkindleを移動させればいいやとSDカードをさしましたが、kindleは通常SDカードに移動ができないアプリのようです。
しかしroot化をせずともにPCにadbが導入されていれば、SDカードに移動が疑似的に可能なため、adbインストールからSDカードへの移行までを記します。

続きを読む

Homebrewのインストール&Nginxのインストール

概要

MacはTeminal等が使え、Unix ライクに使うことができます。
しかし、Linuxのように"apt-get"や"yum"を使いアプリケーションをインストールすることができません。
そこでMacには"Homebrew"と呼ばれるパッケージ管理ソフトでアプリをインストールを行います。

続きを読む

API試験ツール"Postman"の紹介

概要

APIを試しに叩いてみたいときやAPIを作成し、実際に想定通りの動きをするか確認するツールとして"Postman"を紹介します。
今回は試しにAPIを叩く際にPostで認証のためのトークンを取得し、Get メソッドを叩き、返ってきたAPIのKey情報が想定通りチェックする動作をシナリオにしたいと思います。

続きを読む

Macbook 2017 BTO(corei7/メモリー16GB)モデルと4Kディスプレイ

概要

今までMacBookPro 2015 BTO(corei7/メモリー16GB)を使用しており、カバンに入れると重く感じ肩に疲れを感じていました。
当時はどうせ買うならハイスペック!という気持ちだったのですが、そんなに重い作業もしないし軽いやつ欲しいと思うようになり、
MacBookBTOでメモリー16GBできるようになったのをWWDCで見たのでこれを機に変えるのもいいかなと思い、MacBookPro 2015 を売却しMacBook 2017を購入しました。 今回のモデルでは遂にリフレッシュレート60HZで4Kディプレイも移せるとのことなのでさっそく試してみました。

続きを読む