読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

show log include yunabe

勉強したことの復習を兼ねて、IT関係についてまとめてます。

MacとVMware Fusion を利用したWindowsの文字変換を統一する(command+space)

概要

普段私の使用しているMacbookはUS配列のキーボードを使っており、"caps lock"に"command"を割り当て"command + space"で日本語切り替えを行っています。
Macだけでは使えないアプリケーションもあるため、VMwareWindowsを仮想化して使用しています。
そのまま仮想化したままではMacと同じように"command + space"が使えないため使えるように設定します。

Windowsでの設定

1.IMEの▼のようなボタンを押し詳細設定に入る
2.編集操作の"変更"を押す
3.“Ctl + Space"の入力/変換済み文字なしで"IME-オン/オフ"を設定

Macでの設定 (command と ctlの紐付け)

1.仮想マシンのライブラリ 2.設定
3.キーボードとマウス
4.キーマッピング
5.Macのショートカット"command" 仮想マシンのショートカット"ctl" を設定

Macでの設定 (Macのホストキーの無効化)

1.仮想マシンのライブラリ
2.設定
3.キーボードとマウス
4.Macホストショートカット
5.Mac OSホストキーボードを有効化のチェックを外す

以上の3点でMacと同じように"Command + Space"で変換ができるようになります。もし他の変換方法でも読み替えて頂ければ設定可能になります。